忍者ブログ
午前7時前の電話
こんな非常識な時間にかかって来る電話は
ろくなものが無い。

今朝は6時過ぎに起床。
コーヒーを読みながら朝刊に目を通す。
もう何十年も繰り返しているルーティンだ。
最近はこれにファンタベの結果確認も加わり
小忙しい感じになっている。
朝刊はチラシを見てから、テレビ欄経由で
ページ逆戻り一面と言う見方をしている。
理由は無い。

電話がなったのは国際面にたどり着いた時
だった。
見覚えの無い都内の局番。
間違え電話95%残りは誰かの不幸の連絡か…
出たくないが、後者の場合もある…
特に黄門様崩御ともなれば、これから大忙しだ。

もしもし…
電話に出たら俺の電話か聞いてきた。
間違え電話では無い。
んで電話先の人間が名乗って全てを理解した。
放しの紹介会社の担当者だ。
一応、時間に対しての非礼は詫びて
昨今ですがと切り出した。

面接が決まりまして…日程なんですが…と
来たもんだ。
おいおい、面談もやってないし、諸条件の
詳細も聞いていねぇぞ!

クライアントサイドしか見ていない典型的な
紹介会社の人間。
向こうが言ってきた日程は都合が付かないと
言うと声のトーンが変わった。
変わろうがどうしようが俺にもスケジュールが
ある。

日程調整をして再度ご連絡をいたします。
電話は切れたがもうかかって来るとは思えない。
俺クラスの候補者は星の数ほど居るだろうからさ。

大体この時間にかけてくる様な内容の電話じゃ
ねぇだろぅ!
世の中色んな奴が居る。
いちいち頭に来てたら身が保たない。
しかし血圧計は見逃してくれなかった。
また薬の量が増えるじゃねぇか!

拍手[0回]

PR
【2013/11/18 08:38 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>