忍者ブログ
弥七
退職届を提出した。
お銀は出張中の八兵衛と連絡して俺を留意
しない事にしたそうだ。
やっぱりなと思う反面、幹部が流出する事態
すら理解出来ない八兵衛に憐れみすら覚える。
問題は既に俺の後任一つに絞られた。
ウマチャンはやらないって言っている。
後はあの二人がどうするのかだけ…
ウマチャンには状況を伝えている。
決めるのは本人次第だ。

弥七が珍しく昼飯を誘って来た。
二郎に並ぼうと言う事になった。
飯ついでに取引先に行く事を部員に告げて
事務所だ出た。
運良く覚悟を決めていた程待たされる事無く
店に入る事が出来た。
俺はまだあの呪文を理解していなかった(笑)
こんなに早く呼ばれちまったらオーダー出来ねぇ…
って心配も杞憂に終わった(笑)

しかし…
ふつうであの麺の量は半端なもんじゃないね…
寝るまで腹が膨れたままだった。
暫くは見たくないって言うのが実感だ(笑)
弥七も殆ど死んでいた(笑)

ツイていたと言うべきか否か…
夕方に解約を決めている携帯を確認したら
最果て経由の会社からの着信があった。
着信時間は丁度弥七と茶を啜っている頃。
バイブは外しているから上着のポッケの中で
アイーダが鳴り響いていたんだな…
全く気が付かなかった(笑)
内定を出した会社からは書類は届かないし
挨拶に行きたいと言うメールにもレスは無し…
猛烈に忙しいのかもしれないな…
と言う事で急遽面接を受ける事にした(笑)
元来、最果て経由の会社の事業の方が俺には
経験もあるからね。
只の間違い電話じゃ無い事を祈るのみだ。

拍手[0回]

PR
【2014/03/19 08:40 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<内輪もめ | ホーム | 煽り>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>